DEL SOL
全品 国内即日発送!

南国のスーパーフード アサイーの秘密


皆さんは、話題のフルーツ・アサイーをご存知でしょうか。

近年、ハワイで人気に火がついた”アサイーボウル”に入っている、南米のフルーツです。

その美容健康効果から、「ミラクルフルーツ」「ブラジルの奇跡」「スーパーフルーツ」など様々な別名があることからも、このフルーツの凄さが伺えます。

わたしたちは原産地である南米から、スーパーフード・アサイーを直輸入しています。

ただ実際のところ、話題のアサイーがどんな植物なのか、効果や効能はどうなのか、ご存知でない方も多いのではないでしょうか?

このページでは、アサイーの豆知識や効果・効能を支える栄養素、美味しい食べ方など、よりアサイーを身近に感じられる情報をご紹介します。

1.アサイーってどんな植物?

|そもそもアサイーって何?

一見するとブルーベリーなどに似て、「アサイーベリー」と呼ばれることもあるアサイーですが、実際は
ブラジル・アマゾンが原産のヤシ科の植物です。日本で知られはじめたのは最近ですが、アマゾンの先住民が赤道に近い過酷な環境で生活するために、古くから食してきた歴史ある果物なのです。

acai_3.jpg

|奇跡の果実と呼ばれている理由

生のアサイーは、直径約1cmほどの小さな果実です。しかも、約95%は堅い種。食べられる部分は
なんとわずか5%程度しかありません。収穫後、24時間以内に加工しないと酸化してしまう、扱いの
難しい食材でもあります。

そんな貴重なアサイーですが、収穫時期である8月〜12月には大量に収穫され、多くの人々に親しまれ
ています。その理由は高い栄養価と、ほとんど味がなくて他のものと食べやすいことにあります。その
豊富な栄養素は、過酷なアマゾンで生活する人々の健康を支え続け、今では世界中で「奇跡の果実」
として知られるほどになりました。

2.アサイーの豊富な栄養素って?

|ポリフェノール

南米の過酷な環境で育つアサイーには抗酸化物質であるポリフェノールが豊富に含まれています。

ポリフェノールのアントシアニンは、ブルーベリーに含まれる疲れ目に効く成分としても有名ですが、

アサイーにはなんとブルーベリーの約18倍ものポリフェノールが含まれています。

この豊富なポリフェノールが、お肌の老化防止といった美容効果や、眼精疲労回復や視力向上などの
効能の秘密なのです。

|食物繊維

美容・健康、ダイエットなどに関心のある方が色々な方法で摂る大事な成分、食物繊維。
食物繊維には、腸内環境を改善、血糖値の急激な上昇を抑える効果があると言われています。

アサイーがダイエットのサポート食として選ばれる理由は、ごぼうの約3倍もの豊富な食物繊維にある
といえるでしょう。

|鉄分

さらに、アサイーには鉄分がほうれん草の約2倍も含まれています。

鉄分が不足すると貧血の原因になると言われていますが、レバーやほうれん草などくせの多い食べ物に多く含まれているため、ダイエット中だけでなく日常生活でも不足しがちな栄養素です。

また、鉄分とともに貧血に効く成分である葉酸も含まれていて、相乗効果が期待できます。

食物繊維とともに鉄分や葉酸まで補えるところも、美容と健康に敏感な方に支持される秘密かも
しれません。

|ビタミン

各種ビタミンはご存知の通り、美容・健康には欠かせない成分です。

糖質や脂質の代謝、健康な皮膚や髪を作る働き、美肌、血流改善などの働きを担っていると言われていますが、アサイーにはビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEなどさまざまな種類のビタミンが含まれています。

特に肌荒れや髪の健康に効くビタミンB2が豊富なのは女性にはうれしいですね。

|アミノ酸

果実なのに意外と思われるかもしれませんが、アサイーには必須アミノ酸も含まれています。

人間が体内で十分な量を作れないので、栄養分として摂らなければならないと言われているだけあって、
不足すると肌荒れや髪のパサつきなどの美容面から、体力や免疫力の低下といった健康面、さらにホル
モンバランスの悪化や不眠症、うつ病といった精神面まで幅広い症状を引き起こします。

9種類の必須アミノ酸のバランスは食品によって様々ですが、アサイーのアミノ酸はとても良質だと
言われています。どのくらいかというと、アサイーの必須アミノ酸の組み合わせは、その組み合わせ
が理想的な食品のひとつである鶏卵のものと似ている、と言われているほどです。

|オレイン酸

オレイン酸は不飽和脂肪酸のひとつで、オリーブオイルに含まれることで有名な成分です。

増えすぎた悪玉コレステロールを抑制する効果が期待できると言われていますが、このオレイン酸も
アサイーで気軽に摂ることができます。

|カルシウム

その優れた美容健康成分から数々の異名があるアサイーですが、その中には「アマゾンのミルク」と
いうものまであります。

全然見た目は白くないのにどうしてミルク?という方もいらっしゃると思いますが、その由来は色ではなく
豊富に含まれているカルシウムなんです。ミルク=牛乳の、なんと約3倍も含まれています。

3.アサイーってどう摂ったらいいの? 

|果物だけど生では食べないの?

最初に述べた通り、アサイーを広めたのは”アサイーボウル”ですが、これは味にクセのないアサイーをスムージーにして、他の果物などと一緒にいただく食べ方です。

果物なのに生のアサイーが入っていないのに疑問を持った方もいると思います。理由は上でも述べた通り、収穫後24時間以内に加工しないと酸化してしまうから。日本では生をそのまま口にすることが難しいのです。また現地でもピューレ状にしたものが多く、あまり生では食べないようです。

acai_2.jpg

|アサイーの摂り方

  • ピューレ状に加工したものが冷凍された、冷凍アサイー
  • アサイーを加工して作った、アサイーパウダー
  • アサイーを他の果物と合わせた、アサイージュース
  • 成分を抽出した、アサイーサプリメント

この中からわたしたちは、パウダー状に加工したものを南米より直輸入、販売しております。

パウダー状のものにも、アサイースムージーの素として売られているパウダーや、スムージーとしてもパウダーとして調理に使っても重宝するミックスされたフルーツパウダーなど
いろいろなパウダーがありますが、わたしたちがおすすめしているのはこちら↓です。

acai_4.jpg

free_asai_bunner_2.jpg

|なぜこのパウダーをおすすめするのか

わたしたちが数ある中からこちらを選んでするのには3つの理由があります。

  • 手間がかからないので、続けやすい
  • 合わせて他の美容成分も摂りやすい
  • 他のものに比べて、経済的

日本でも、様々な方が生活に取り入れて、その効果を実感しているスーパーフード・アサイー。

あなたもぜひ、わたしたちの厳選したこちらのアサイーパウダーで、美容・健康にアサイーの力を活用してみてはいかがでしょうか?